Category Archives: 未分類

弁護士に相談する場面

一般的に弁護士に法的な相談を持ち掛ける場面としては、自社内で何らかの法的トラブルが生じてしまった、もしくはその懸念が極めて高いと判断した際とのイメージが強い感が否めません。確かに弁護士は裁判に際して依頼者を弁護するプロフェッショナルですが、それはあくまで彼等が法的に認められた職務の一部に過ぎません。

企業を経営するに際し、対応が必要あるいは継続的な実践が不可欠な諸々全てを称しての企業法務だからこそ、平穏かつ順調に日々の運営が為されている段階からこそ、専門的知識を有する弁護士に各々の内容に関しての相談から、改善すべきポイントが浮び上がれば迅速に対処を重ね、会社内のリスクを未然に最大限防ぎ続ける努力が求められます。同時に弁護士と常にコミュニケーションを重ねる事を通じ、弁護士側にも自社の現状を正確に把握して貰う事が叶い、万一の事態に面した際にも、より迅速的確な対応を仰ぐ事が可能となります。

たとえば社内のルール1つに関しても、それが経営者と雇用者双方にとってデメリットがより少なく、法的に問題が見当たらないか否かのチェックが欠かせません。経営者各位にとっての弁護士という存在は、法律関連に長けた経営者の1人もしくは心強いサポーター適存在だと捉えられます。