未分類」カテゴリーアーカイブ

顧問弁護士という存在

企業法務関連を全幅の信頼を寄せて一任出来る存在として、顧問弁護士という存在が欠かせません。企業経営とは日々連続して直面する各種法律問題との対峙の連続であり、常に想定されるリスクを的確に把握から、未然に回避あるいは有事に備えておく必要が見過ごせません。ですが世の中の急速な進化に伴う価値観の変化、更には法改正などのスピードは加速の一途を辿り続けており、結果法的トラブルの種子の数もまた、私達の身近のあらゆる場面で増加を続けているのが現状です。」

こうして現状から近未来を見据えた場合、やはり自社に精通した顧問弁護士すなわち専属の法律のプロフェッショナルの存在が見過ごせません。自社内の現状を的確に把握からのリスクマネジメントの実践を一任する事で、トラブル発生率を大きく抑制すると同意に、万一の事態の対応や、より健全な経営から企業が成長して行くに際してのアドバイスなど、幅広い力添えを仰ぐ事が叶います。

顧問弁護士に企業法務を相談出来る態勢を整えておく事を通じ、企業は安心して本業に邁進出来、万一の事態となってから慌てて弁護士を探す態勢とは全てに於いて、企業としての危機管理能力は雲泥の差以上であり、経営者の経営能力と姿勢が如実に反映するポイントの1つとして目が逸らせません。